施術案内

施術案内

体のどこかを一箇所負傷すると、必ずその機能を補おうと、他の場所で調整を取ろうとします。
その結果負傷箇所以外にも負担がかかり、痛みが発生してきます。それに伴い、痛みの箇所が
増えると、最初の負傷部位の治癒速度を減少させる原因にもなってきます。
この繰り返しにより、自分でも気づかない内に、しだいに悪い部分が広がってしまいます。
この場合、一番痛いところだけを治療しても、根本的に治すことは難しくなってきます。
当院では、全ての痛みの箇所と原因を把握し、独自の治療方法で、患者様一人一人に適した
治療を行い、根本的な痛みを軽減、取り除くことに力を入れています。

治療内容について

保険診療

各種保険、労災保険、自賠責保険(交通事故)
日常生活やスポーツ等において骨折・打撲や挫傷(肉離れや、筋肉の損傷)・捻挫をしたと認められる症状に対し、各種健康保険が適用になります。

主な保険診療科目

骨折、脱臼、打撲、捻挫、肩の痛み、腰の痛み、突き指、ムチウチ、急性的な筋肉痛、関節の痛み 等
※症状によっては保険が適用されず、自費診療となる場合があります。

手技療法

整体、矯正、筋肉調整、骨格調整、関節モビリゼーション、トリガーポイント等のテクニックを
柔道整復師の治療技術と融合させ、当院独自の治療法を行っております。

電罨法・温冷罨法・超音波治療

物理療法として干渉波を使った電気治療(痛いものではありません)、暖めたり冷やしたりをすることによって、腫れや痛みを軽減させていきます。
骨折や捻挫などの外傷後の痛みや、筋肉の過度緊張など、血行促進や症状の緩和を行います。
また超音波治療器によって、急性期の治癒効果を高めることも行っています。

テーピング療法

筋肉を保護したり、痛みの軽減の為、キネシオテープやホワイトテープを用いて処置します。
固定タイプのテーピング、サポートタイプのテーピング、治癒を助ける為の補助テーピング等