帯広の冨永整骨院からの体の痛みに関するお知らせ肩の痛みパート1-4

帯広の冨永整骨院からの体の痛みに関するお知らせ肩の痛みパート1-4

帯広の冨永整骨院からの体の痛みに関するお知らせ肩の痛みパート1-4

2021/03/05

帯広の冨永整骨院からの体の痛みに関するお知らせ肩の痛みパート1-4

こんにちわ、帯広の冨永整骨院院長の冨永です。

今回は引き続き肩の痛みに関することパート1-4に移っていきます。前回は就寝中にどうやって肩周りの体温を低下させないか、というものでしたが、基本的に寝ている間にとれる対策は多くはありません。首元にタオルを巻いたり、保温パックを置いたり等、それ位しか対策を取ることが難しいと思います。他にもいくつかはあるとは思いますが、一般的には普及しずらいものが多いので、今回は割愛致します。なら、一体どうしたらいいのかということですが、答えは簡単です。肩周りの筋肉量を増やすということがそれに繋がります。肩周りの筋肉量を増やす過程で、肩関節の運動量も確保できる為、肩周辺の循環が良くなりやすくなります。それにより、就寝中の循環の低下を緩和することができます。この緩和が非常に重要になってくるので、是非肩周りの運動は行うようにしていきましょう。

運動の内容を詳しく知りたい方は、是非一度ご来院頂き、体のメンテナンスからしていただければと思います。

次回はちょっと脱線して、循環の重要性について、お伝えしていこうと思います。

本日はこれで、さようなら~♪

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。